Macの世界が変わった? M1チップのMacが最強マシンらしい。

Gadget.

こんにちは。本日はLIfindow.(ライフィンドウ)にお越しいただきありがとうございます。

本サイトを運営するToshi(@syllyy_bbb)です。

6月のWWDCでAppleが衝撃的な発表をしました。

「今年中に脱インテル化した、自社製チップを盛り込んだMacをは発表する」

そして先日、満を持って発表されたのがM1チップを搭載したMacシリーズです。

 

問題はこのMacが今までの概念を吹っ飛ばす化け物級の性能を持っているといということこと。

これはこれはと気になってしまったので噂や、実際のパフォーマンス(ネットに出ている情報)についてまとめて、実際に僕の感想なども含めて語っていこうと思います。

 

このMacが気になっている人も多いと思いますので、実際に気になっている人は参考にしてみてください。

※僕はこの記事の時点では購入していないので、レビューではないのでご注意ください。

 

 

今回大注目 M1チップ搭載のMacとは

先述で簡単に説明したM1チップとはAppleがiOSやiPad OS で蓄積した知識をMac向けにアレンジしたMac向けの最新のチップです。

最大の魅力は非常に高い電力効率です。Macbook Proに関しては公式発表で電池容量が最大従来モデルの倍になるなど、従来のモデルから大幅に電力効率が伸びています。

 

また、CPU/GPU性能共に同価格帯の中で世界最高峰となっております。

詳細はAppleのHPに記載されているので参照ください。

参照先はこちら

 

Appleが目指す

「脱インテル」

を進めるにあたって第一歩となるものなのでAppleが非常に力を入れていることが想像できます。

 

また今回から同じSoCという一つのチップの中にメモリもグラフィックもCPUも完結するという新しいチップになるということで処理効率などに非常に高い期待がかけられていました。

 

どんなものをAppleは出したんだ・・・

となってしまいますね。

ひとつひとつ見ていきたいと思います。

今回M1チップが搭載されたモデルはこれ

13インチ MacBook Air

今回の目玉とも言えそうなMacBook Air

なんと言ってもファンレスであることが気になる点ですね。

 

8コアCPU・8コアGPUの高い処理性能。

そして最大バッテリー駆動時間が18時間のビデオ再生。

MacBook Air でこの時間は驚愕ですね。

 

こんなに高い性能ながら価格が¥115,280(税込)から。

非常に手の出しやすいノートPCです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥134,800 (2022/10/07 13:45:13時点 Amazon調べ-詳細)

13インチ MacBook Pro

ふたつ目はMacBook  Pro です。

大きな違いとしてMacBook Air はファンレスでしたが、こちらはファンが搭載されています。

ファンによって高い冷却性能を搭載し、処理能力をより高くしているのだと思われます。

 

そして何度バッテリー駆動時間はAir よりもさらに長い最大20時間のビデオ再生。

もう外出時にMac用のアダプターを持ち歩く必要がなくなりそうですね。

 

価格は¥148,280(税込)から。いわゆる下位モデルのMacBook Proです。

この辺も評価が分かれそうな商品ですね。

Mac mini

そして最後はMac mini

今回発表されたPCで唯一のデスクトップ型PCです。

 

高いバッテリー性能というM1チップの最大のメリットを実感できないものの高いグラフィック性能を体感することができるPCですね。

 

そしてなんとMac mini は¥80,080(税込)から。

今回発表のMacで圧倒的な安さです。外出しない方などにおすすめできるのはこのMacになります。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥92,800 (2022/10/07 16:43:10時点 Amazon調べ-詳細)

驚きの声、気になっていたこと

「化け物爆誕」

先ほども少しお話ししたようにとんでもない性能が報告されています。

特にMacBook Air がMacBook 16 inch と同等の性能だという声が多発しています。

(ベンチマークスコアが上回っているとのとんでもない報告が・・)

10万程度のMacBook Air が40万を超えるMacBook Pro 16 inch と同等の性能とはとんでもない価格破壊が行われています・・・

これから買う人は基本的に過去Macbook を買わずに 今回発表されたMacを買うのが得策だと思います。

家電量販店などで過去モデルの価格破壊が起きている報告もあるのでそこを調べて、旧モデルを購入するのもいいかもしれないですが・・(笑)

ただ、今後MacBook Pro 16 inch にM1チップや今後さらに進化したチップが搭載され発売されたらどうなるの・・・

と今から妄想が広がります(笑)

今から末恐ろしいですね。

なお、心配されていた純正以外のアプリなどの動作に関しても

ほとんどのアプリに関しては動作可能

とのことです。

一般に使われるアプリでいうと、ファイル共有アプリが対応できていないものがあるとのことですが、それ以外に関してはほぼ問題なく動作しているとのことです。(2020年11月記事執筆時点)

これに関しても今後のOSアップデートで対応はしてくるでしょう。

(専門的なアプリに関しては対応できていないものや対応が遅れるものがあるかもしれないですね。)

最高のマシン爆誕。それでも僕は買わない。その理由。

正直な感想としては、

「欲しい」

という感覚はあります

しかし、今回の僕の答えは「スルー」です

理由としては、3点あります。

今使っている過去モデルで十分

正直すべてはこれにつきます(笑)

いま、僕は2018年モデルのMacBook Air を使っています。

しかし、記事の更新や写真編集のメインで使用しているのは2020年のiPad Pro 11 inchで行っています。

なにか、調べ物をしたり動画視聴したりと日常的にMacBookも使用していますが、メインマシンではないので今回買い換えなくてもいいかなと思っているので今回はスルーかなと思いました。

14インチの発売に期待している

これは、以前から一部リーク情報で出ていましたが今年のMacBookには採用されませんでした情報です。

筐体の大きさはほとんど変わらずに、ベゼルを細くして画面サイズを大きくすることが計画されているようです。

筐体サイズがほとんど変わらないのに大画面化。今回買い替えが必要ない以上この大画面化を期待したいと思います。

今後のAppleの革命へのさらなる期待

これは、正直かなり推測や妄想が込みになりますが、今回の衝撃はAppleの革命の序章に過ぎないのではないかという期待です。

今回発表された初登場のM1チップが相当の化け物性能を持っっています。

そして、今後このチップもどんどん進化していくことが予想されます。

この進化が、最初でこの衝撃なら今後の進化でさらなる衝撃を僕たちに与えてくれる発表を次々としてくれるのではないかという期待を込めての今回のスルーです。

まとめ

本日は話題のM1チップのMacシリーズについてお話ししました。

僕は今回購入予定はありませんが、

  • 2018年以前など少し古めのMacを使っている方
  • 性能面の不安で気になっている方

上記の人は間違いなく後悔のない商品になると思います。

ちなみに僕が上記に当てはまっていたら買っていますね(笑)

一方で、仕事などでかなり特殊なアプリや、重い作業をする方はしっかり調べてから購入を検討することをお勧めします。

この記事が今回のMacについて迷っている方や気になっている方に少しでも参考になれば嬉しいです。

それでは、よい1日を!

Syllyy

コメント

タイトルとURLをコピーしました