【レビュー】ミニマルなのに大容量 次世代財布PRESSo Lを3ヶ月使用した感想を語る

Life

こんにちは。本日はLIfindow.(ライフィンドウ)にお越しいただきありがとうございます。

本サイトを運営するToshi(@syllyy_bbb)です。

 

昨年ごろから急速にPayPayやLINE PayのQRコード決済や、昨年政府主導で行われたキャッシュレス還元の影響でキャッシュレス決済が急速に普及しました。

実際に僕も昨年よりキャッシュレスをメインの支払いに切り替え、今ではほとんど現金を使わない生活を送っています。

さらにはコロナウイルスの影響でさらにキャッシュレス化の波は加速しているようにも感じます。

 

それに伴い、財布もコンパクトな財布が主流になりつつあり、買い替えを考えている方も多いと思います。

僕もその1人で、長い間自分に合った財布探しをしていて条件にピッタリな財布「PRESSo L」を見つけ買い替えをしました。

この「PRESSo L」ついて使用3ヶ月経過したので、3ヶ月使ってみての感想などをレビューしていこうと思います。

以前の僕のように財布探しをしている方の参考になれば嬉しいです。

 

PRESSo L についてレビュー

ミニマルな外観

PRESSo LはL字ファスナー型の財布です。

今回購入した色はアメリカーノ。

こげ茶のような色みです。

 

このPRESSo L は、ガジェットや暮らしについてYouTube やブログで発信して活躍されている堀口さん、平岡さんが経営する株式会社dripと同じくガジェットや暮らしについてYouTube やブログで発信しているトバログさんと革製品メーカーのPRARE GINZAのコラボ商品です。

 

株式会社dripは以前から、キャッシュレス時代の理想の財布「PRESSo」など「それ欲しかった!」と唸らせるような商品を販売しています。

「トバログが本当に欲しかったアイテム」

としてトバログざん自信が、革の素材そのものや、デザインなど細部までこだわって開発した様子がトバログさんのブログやYouTubeでも語られています。

【L字ファスナー作りました】ミニマルなのに小銭も鍵も入る財布

初期ロットから発売と同時に売り切れるほどの人気ぶりで、僕も初回は手に入れることができず、2回目の再販で手に入れることができました。

ドリップ販売サイトより

カラーバリエーションは、購入したアメリカーノのほか、4色展開です。

  • アメリカーノ
  • ブラック
  • グレー
  • ナチュラル

の4色です。

ブラックと悩んでいたのですが、他の手持ちとの相性を考えアメリカーノにしました。

 

個人的にPRESSo Lの一番の魅力はこのサイズ感です。

iPhone 12 mini と比較したサイズ感です。

非常にコンパクトなサイズなのがわかります。

 

L字ファスナー型の財布はいろんなところが出していますが、主なサイズは正方形が多いです。

しかしこのPRESSo Lは極限までミニマルを追求し、カード型のサイズ感という洗練されたデザインとなっています。

表面の皮の素材は、オイルドレザーである熟成レザーを使用しており、使い込んでいくことでさらに味が出る革が使用されています。

僕の財布はまだ3ヶ月ですが、徐々に味が出始めているかなと。

これからもっと育てていきたいと思います。

見た目以上に大容量:カードポケットもあって便利

PRESSo Lは見た目以上に大容量の財布となっています。

マチが大きいためガバッと開く構造になっており、中のものを探しやすい作りになっています。

また、両側に、カードが2つずつ収納できるポケットが備えられています。

ここはカードだけでなく、SDカードやSIMカードなど、さまざまな用途に利用可能です。

真ん中には、小銭を収納できる袋が備えられています。

しかし多く枚数を入れることはできるものの、入れてしまうと財布自体が膨らんでしまうのであまり多く入れることはお勧めできません。

 

僕は基本は小銭は持ち歩かず、お釣りなどで出た時にここに入れるようにしています。

また、ここに仕切りがあることで。カードポケットの間のスペースを有効使用できるかなと思います。

大容量の肝がこのマチ。

ここにマチがあることでこのサイズ感に関わらず、大容量を実現しています。

カードなどまだまだ持ち歩かないとならないものもあるので大容量は魅力的なポイントです。

表にあるカードホルダーが便利

PRESSo Lのこだわりポイントでありそうなこのカードポケット。

デザインの面でもアクセントとなっています。

使用としては、ここにメインのカードを入れていくことで、ファスナーを開けずにスマートに会計をすることができます。

実際に使ってみての感想

僕の使い方:必要なカードを純分に収納、小銭は持ち歩かない

僕がPRESSo Lをどのように使っているか紹介します。

僕が持ち歩いているものとしては、

  • お札:数枚
  • 通常のカード類:9枚
  • 薄めのカード類:2枚

を持ち歩いています。

 

左右のカードポケットに使用頻度の低いカードを収納し、小銭入れとカードポケットの間にお札と使用頻度が比較的高めのカードを収納しています。

そして外側のポケットにメインのカードを入れて、基本的にはこのカードで支払いは行っています。

これだけカードを入れても、一切膨らむことなく持ち歩くことができます。

みためによらずかなりの大容量ですね。

いいと思った点、気になる点

僕的にはかなり理想に近い財布ですが、いい点と気になる点について述べたいと思います

■いいと持った点

  • 洗練されたミニマルなデザイン
  • 外のカードポケットがめちゃくちゃ便利
  • 見た目以上の大容量

■気になる点

  • お札は3つ折り以上でないと入れられない
  • 小銭を多く入れるには不向き

ここは僕は割り切って購入しているのでそこまで気になる点ではないのですが、気になる方は気になるかなと思って上げさせていただきました。

お札は2つ折りでは入りません。写真のように3つ折りもしくは4つ折りにして収納する必要があります。ここが多少手間ですが、最近は現金を使うこともかなり減っているのでそこまで気になっていないです。

小銭を普段から持ち歩く方には少し不向きです。

 

小銭入れはあり持ち歩くことは可能ですが、そこまで多くのを持ち歩くには向いていないでしょう。

ちなみに僕は小銭は一切持ち歩かずに、できた状態で家に帰ったら小銭入れに入れて運用しています。

まとめ

いろいろ書きましたが、個人的には一切不満はなく、最高の財布です。

普段の支払いを基本キャッシュレスにまとめている人であれば買って損はしない財布に仕上がっています。

しかし、人気商品なので購入を考えている人は再販されたらすぐポチりましょう(笑)

再販はドリップの公式Twitterで告知されているので欲しい方は要チェックですね。

▽その他ドリップ製品の財布類

created by Rinker
drip
¥3,850 (2022/05/26 01:01:45時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

それでは、よい1日を!

Syllyy

コメント

タイトルとURLをコピーしました