ケーブル革命。USB-CとLightningを2 in 1 で利用する変換アダプター

Gadget.

こんにちは。LIfindow.(ライフィンドウ)にお越しいただきありがとうございます。

管理人のToshi(@syllyy_bbb)です。

 

先日から始めたガジェットポーチの刷新プロジェクトの第3弾。

本日は持ち物を減らすために取り入れたアダプターです。

 

ガジェット好きなら必ずと言っていいほど悩まされる「充電端子問題」

USB-CやMicro USB、iPhoneならLightning端子。

そのほかにも、その機器専用の端子があることもしばしば。

 

とはいうものの、最近のデバイスはUSB-Cで充電できるものが増えてきたので

「USB-Cでデバイスを揃えよう」

と思うのはガジェット好きあるある。笑

 

ちなみにぼくももそのひとり。

しかし、その取り組みの際に最大の壁になるものがiPhone。

iPhoneがLightning端子だから端子を統一するためにAndroidスマートフォンに乗り換えたという話も聞くくらい。

 

しかし、僕のようなAppleデバイスに囲まれている人間にとってはApple製品の連携力からiPhoneは手放せない・・・

しかし、iPhoneユーザーは普段の持ち物に

  • USB-Cケーブル
  • Lightningケーブル

の2本を持ち歩くことになります。

””どうにかして1本にして、外出時の持ち物を減らしたい””

外出時の持ち物は少ないほどいいですからね。

 

そこで変換アダプターを探していたのですが、意外とUSB-CからLightningに変換するアダプターって少ないんですよね。

そこでやっと見つけた、今回紹介する変換アダプター

Stouchi USB TypeC to Lightning変換アダプタはその数少ないUSB-CからLightningへ変換してくれるアダプターで、まさに「痒いところに手が届いた」商品です。

まさに、「持っておくと便利な商品」なので紹介していきます。

 

■いいと思った点

  • サイズ感がこれ以上ない極小サイズ
  • 小さいアダプターを無くさないようにキーストラップ付き
  • 急速充電に対応

■いまいちかなと思った点

  • データ転送非対応
  • MFi認証に対応してないため、今後のアップデートで使えなくなる可能性がある

 

『Stouchi USB TypeC to Lightning変換アダプタ』について

Stouchi USB TypeC to Lightning変換アダプタはその名のとおり、USB-CケーブルからLightningケーブルに変換するアダプターです。

充電専用のアダプターでデータ通信はできません。

 

しかし、急速充電に対応しているため、出先で充電が必要になった際に一つあると非常に便利。

 

スペックについて

  • サイズ:2.3 × 1.2 × 0.8 cm
  • 重さ:20 g
  • 出力:5V/2.4A(iPhone:約7.5W iPad:約12W)

スペックはこんな感じ。

非常に小さなサイズ感で、探していたUSB-CからLightningへの変換が可能。

出力もiPhone で7.5Wの出力が可能なのもいいですね。

 

実際にチェックしてみる

変換アダプタ本体と、保証カードが同梱物。

一生涯保証ですが、ここの保証登録は個人の判断で。

 

ちなみに自分は登録していません

仮に壊れても1000円ほどなのでいいかなと・・

それ以上に知らないメーカーに情報登録の怖さが勝ちました。(今後登録する可能性はあります)

 

本体はマットなデザイン

本体は、マットな表面のデザイン。

カラーはグレーとシルバーがありますが自分はグレーを選択。

Macbookのような表面で、かっこいいう。

個人的には非常に好みな見た目です。

 

ストラップが便利。ポーチの中でも無くさない。

ポートの上に隙間があり、付属のストラップを通すことができる仕組みになっています。

 

写真のようにケーブルにくくりつけておくのがいいかも。

自分はこのように利用しています。

 

繋いでみる。ぴったりのサイズ感

サイズ感的にはぴったり。

ストラップもちょうどいい長さに設計されています。

 

製品に凹みの部分があるので抜き差しもしやすい。

こういう細かいユーザー目線の使用感がいいのは嬉しいポイントですね

 

急速充電可能。データー通信には非対応

小さいアダプターではありますが、急速充電に対応しています。

公称値では2.4Aでの急速充電が可能です。

しかし、MFi認証を受けていない製品なのでアップデートなので使用できなくなる可能性は多少残されていますが、個人的にはそこまで気にしなくていい点かなと思います。

 

また、このアダプターは充電専用のためデータ通信に対応していません。

最近はクラウドなどでデータ連携ができるのでそんな気にならない点かなと思いますが・・

もし、有線でデータを転送したい際にはこのアダプターでは転送できないので別にケーブルや、アダプターを準備する必要があります。

 

まとめ:こんな人におすすめ

  • 持ち運びのケーブルを減らしたい方(特にiPhoneユーザー)
  • データ転送を必要としない方
  • 急速充電対応の変換アダプターを探している方

上記のような人におすすめです。

 

ぼくはこのアダプターでついに念願の「脱Lightning問題」とできそうです。

急速充電にも対応しているのでモバイルバッテリーと合わせて持てば外出先でも安心です。

 

デザインもスタイリッシュで洗練されたデザインなので好きな人は多そう。

ストラップ付きでなくす心配もない。

Lightning問題に頭を悩ませている方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました