【注意喚起】AirPods Pro を買ったら偽物に当たったので本物と比較してみる

Gadget.

こんにちは。LIfindow.(ライフィンドウ)にお越しいただきありがとうございます。

管理人のSyllyy(@syllyy_bbb)です。

 

Apple で人気のAirPods Pro。

先日、ヘッドフォン版のAirPods Max が発表されるなどAppleの中でも主力商品になっております。

 

僕も以前から気になってはいたものの、2年前に購入したAirPods(第1世代)を使用していたので購入していませんでした。

しかし、そろそろ使用しているAirPodsの充電もちも悪くなってきたと感じていたので年末に思い至って購入したのですが・・・

「偽物に当たってしましました」

Appleの公式サイトではなく、Yahooショッピングで出店されている店から購入したのですが、まさかの偽物を扱っている業者に当たってしまうという不運。

 

今回はこの後に本物を公式サイトから購入したので、本物と偽物の比較をしていきたいと思います。

最近、偽物の精度も上がっていて今回当たった偽物もかなり精巧に作られていたので気づいていないで被害に遭っている方も少なからずいると思います。(僕が当たった偽物も非常に精度が高いものでした。)

AirPods Pro の偽物はかなり流通しているようなので、少しでも注意喚起になればと思います。

 

僕がAirPods Proの偽物を購入してしまった理由

まずは僕が偽物のAirPods Proを購入してしまった理由についてです。

理由としては完全に

「定価3万円のAirPods Proが2万5千円で売られていた」

ここに飛びついてしまったことが理由です。

 

以前から、AirPods Pro については気になっていたもののイヤホンに3万円を出すことに躊躇っていました。

そこで、さまざまなサイトで探していたところ2万5千円で売られているショップを発見。5000円くらいの割引ならあり得る範囲であると判断してしまい、購入してしまいました。

 

届いたものを開封するとさまざまなところに違和感を感じ、調べてみると明らかに偽物であることが判明しました。

AirPods Proみたいな商品は正規店かECサイトでも正規ルートから買う必要がありますね・・

※購入ショップに問い合わせ、返金いただいております。

 

実際に比較してみる

それでは、本物と偽物を比較していきます。

先述のように正直かなり精巧に作られているので、見分けるのはかなり難しいです。

本記事が少しでも「怪しいな」と思ったら参考になれば嬉しいです。

 

本体外観の比較

左が偽物、右が本物です。

正面からは、全くわかりません。

裏面も文字まで全く同じです。

よくみると、ヒンジの部分の光沢が少し違います。(偽物の方がざらざらしている)

しかし、本物と比較して初めてわかる違いなので見分けるのは難しいでしょう。

充電端子もしっかりLightning端子で完璧にコピーされています。

蓋を開けると中に書いてある文字が若干異なります。

ここは見分けるポイントの一つかと思いますが、海外販売版と言われれば納得してしまうかもしれないです。

 

イヤホン本体の比較

参考までに左耳で統一しています。

もちらも外観は完全にコピーされています。

イヤホン本体に印字されている文字の比較です。

写真だとわかりにくいですが、若干偽物の方が大きいです。

しかし、ここも本物と比較して初めてわかる部分ですね。

重さもほとんど変わりません。

イヤーピースの比較

付属のイヤーピースの比較です。

メッシュの部分はほぼ同じに見えます。

ここにきて初めての違いが。

わかりにくいですが、本物のイヤーピースにはサイズが書いていますが、偽物には書いていません。

ここはチェックポイントかもしれないですね。

 

外箱の比較

箱はよくみると偽物の方が色味が若干青い気がしますが、これで気付くのは難しいでしょう。

箱の裏も文字は全く同じです。

しかし、本物の右下の文字は色味が変わっています。

おそらくインク自体が違うものを使っているのではないかと・・・

 

偽物の方もインクを少し薄くして近づけようとしていますが、同じインクを使っているためか色味が再現できていません。

 

写真はありませんが、外箱を包むフィルムがApple製品とは異なっていました。

よくAppleで製品を買う方ならわかると思うのですが、Apple製品はつまみがあって、そこを引っ張るとフィルムが剥がれるようになっています。

偽物の方はツマミはありましたが貼っているだけでした。(ただの飾りとしてつまみがついていました)

 

横からみると偽物の方は箱がよれています。

ここは明らかにおかしい点ですね。

そして側面に貼ってあるシール。

左側は全く同じですが、右側が異なっています。

しかし、これも海外版と言われれば納得してしまいそうな点ではあります。

 

この記載されているシリアルコードがAppleで検索した際にヒットしなければ偽物確定です。

しかし、僕の場合は検索した結果ヒットしたのでここに関してはお手上げです。(しかも12月発売という妙にリアルな日付になってました・・・)

箱の重量は若干の差がありました。

しかしこの程度差があれば気づけるかもしれないですね。

※中の付属品等は全て除いた状態で計測しています。

説明書の比較

まず形状が本物は丸く、偽物は四角いです。

さらに本物は冊子になっていますが、偽物は1枚の紙になっています。

さらに偽物には日本語の表記がありません。その代わりに韓国語や中国語の記載があります。

本体よりもこの辺りに差が出てきそうですね

 

本体の保護フィルム、受け皿

ここは明らかに違います。

本物は帯のようなもので巻かれていますが、偽物は袋に包まれています。

この箱に入っている本体を受け止めるものが明らかに違います。

偽物はプラスチックでできていますが、本物は紙でできています。

 

同梱物の比較

ケーブルにはほとんど差はありません。

しかし、イヤーチップの方には違いがあります。

台座の紙の質も明らかに違います。

さらに、台座の置き場も偽物はそのまま置いているのに対し本物は固定の突起、サイズ表記がありました。

 

使用感

使用感は全く違いますが、これは比較して初めてわかるものです。

ノイズキャンセリングもある程度効いていますし、音質も悪くはないレベルです。

偽物の方も一定の性能してるのが恐ろしい・・・

 

そして本物同様に接続できてしまいます・・

 

しかし、使用しているうちに僕が偽物だと断定した点が2点あります。

 

■ 自動切り替え機能が使えない

AirPods Proの機能の一つである、Appleデバイス感の自動切り替え機能が使えません。

個人的に楽しみにしていた機能の一つだったのでここで偽物を疑うきっかけになりました。

■ 密閉試験でイヤーチップを外して試験しても密閉と出る

これはネットで調べた結果確認したことですが、偽物は密閉試験ができないようです。

試しに、イヤーチップを外して試験をしたところ本当に密閉と出ました。

ここで偽物を確信しました。

正面のインジケーターの消え方が違う

ここは若干ですが、電源のインジケーターの消え方が違います。

偽物が「パッ」と一気に切り替わるように消えるのに対し、本物は「フッ」と徐々に消えます。

(ほんと一瞬の差ですが・・)

 

その他

■ 箱の内部に汚れ

こちらは比較ではないですが、偽物の箱の内部に汚れがありました。

新品未開封を謳っていたのでここでもおかしいなと思いました。

 

まとめ:買う前に見極めることは困難

正直、AirPods Proの偽物を買う前に偽物を判断することは非常に困難です。

ECサイトは写真でしか判断することができないのでかなり難しいです。

 

僕の場合はたまたますぐに気づくことができ、返金していただくことができましたがかなり精巧に作られているので気づかずに使用している人もいると思います。

さらに今後もっと精巧な偽物が流通する可能性もあるでしょう。

 

僕も今回で懲りて、今後デバイスは正規店やAmazonの正規ルートなどで買うようにします。

僕と同じようなことが起きないように皆さんも気をつけてください。

▽AmazonでAirPods Proを探す


Apple AirPods Pro

 

Syllyy

コメント

タイトルとURLをコピーしました