【レビュー】破壊的コスパ。Ankerのウルトラスリムキーボードで快適な文字入力を

Goods

iPad やiPone などのスマートフォンででキーボード入力をする際、何を選びますか?

iPad Pro やiPad Airなら純正のキーボードがありますが、一番安いもので20,000円前後と高いですね。

そうでなくても、ここ最近テレワークが普及し外付けのキーボードを探している方も多いでしょう。

ロジクールやエレコムなどキーボードやマウスを多く出していますが、価格も高価ものが多い。

「できるだけ安く外付けキーボードが欲しい」

そんな方におすすめなのが、本日紹介する「Anker ウルトラスリムキーボード」

見た目は非常におしゃれにもかかわらず価格は約2000円と破壊的コスパです。

外付けキーボードについて悩んでいる方は参考にしてみてください。

▽ ウルトラスリムキーボードいいと持った点

  • 見た目がおしゃれ
  • 軽くて持ち運びにも便利
  • 角度がついていてタイピングがしやすい
  • 電池持ちがいい

▽ ウルトラスリムキーボードいまいちな点

  • やっぱり少し安っぽい
  • 打鍵音が大きいのが気になる

 

 

Anker ウルトラワイヤレスキーボード特徴と外観

それではAnker ウルトラワイヤレスキーボードについて紹介していきます。

▽スペック他

  • サイズ:約28.4 × 12.2 × 1.85 cm
  • 重さ:約190g
  • 電池:単4 × 2 (付属なし)
  • 通信:Bluetooth 3.0
  • 最大使用時間:約360時間
  • 対応OS:iOS、及びAndroid 3.0 以降、Mac OS X 10.2.8 以降、Windows 8 / 7 / Vista / XP

 

スペックは上記。

非常に軽量のモデルとなっています。

電池式なのが少し残念な点ですが、価格を考えるとしょうがない点ですね。

 

しかし、最大使用時間が360時間と非常に長いので一度電池を入れてしまえば、しばらくは問題ないでしょう。

また、対応OSにiPad OS/Windows 10 が含まれていませんが、問題なく使用できます。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows対応/長時間稼働 ホワイト テレワーク リモート 在宅

ホワイトの見た目はApple のMagic Keyboardにそっくり

カラーはホワイトとブラックがあります。

ホワイトの方はAppleのMagic Keyboardにそっくりです。

 

ただ、見た目はアルミではなくプラスチックなので、実際にみてみると安っぽさがありますが、価格が2,000円なので十分だと思います。

 

 配列はUS配列のみ。JIS配列使用者は残念

ウルトラスリムキーボードはUS配列のみです。

シンプルな見た目で、ファンも多いUS配列なのでファンの方は嬉しいところですね。

 

しかし、日本人の多くはJIS配列で育っているので戸惑ってしまう方も多いかもしれないですね。

しかし、僕もJIS版しか使ったことはなかったですが、使ってみると意外と違和感なく使えるのでそこまで気にしなくても大丈夫だと思います。(個人差はあると思いますが)

 

ゴム足があるからしっかり固定

背面の四つ角にはゴム足が付いています。

これのおかげで、タイピング中もしっかり固定してくれます。

 

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows対応/長時間稼働 ホワイト テレワーク リモート 在宅

 

電源ボタン、電池ソケットも背面に

電源ボタン、電池ソケットは背面にあります。

電池ソケットはそんなに頻繁に使うものでもないので気になりませんが、電源ボタンが背面にあるのは、スイッチのON/OFFをいちいちひっくり返さないといけないのが多少面倒ですね。

 

できれば、背面にあればベストだったかなと。

使用の電池は単4電池2本。

付属していないので、自分で揃える必要があります。

価格を考えれば多少しょうがない部分もありますが、最近電池を使う機会はほとんどないのでわざわざ買わないといけないのはデメリットですね。

 

非常に軽量。持ち運びにも気にならない重さ

ウルトラスリムキーボードは非常に軽いです。

公称値約190g、実測値190.7g。

これなら気軽に持ち運ぶことができますね。

 

 

ウルトラスリムキーボードを実際に使ってみて

実際にウルトラスリムキーボードを使ってみた感想について紹介していきます。

▽使用感について

  • ペアリングが簡単
  • 傾斜が付いているのでキーボードが打ちやすい
  • 打鍵感はそこそこ。打鍵音はちょっと気になる
  • マルチペアリングは非対応。都度ペアリングが非対応
  • 電池の持ちがいい

実際にに使ってみて感じた感想は上記です。

一つずつ紹介していきます。

ペアリングが簡単

ペアリングが非常に簡単に設定できます。

 

1:電源をONにする

電源をONにする

2:ペアリングボタンを押す

ペアリングボタン(Fn+Z)を押す

3:接続先のBluetooth設定で接続する

デバイスのBluetooth設定で「Anker A7726」を選択

表示されたコードをキーボードで入力し、Enterを押す

4:ペアリング完了

「Anker A7726」が接続済みと表示されペアリング完了

なお、初回にペアリングすれば、2回目以降は自動でペアリングされます。

 

傾斜が付いているのでキーボードが打ちやすい

ウルトラスリムキーワードは傾斜が付いているので非常に打ちやすくなっています。

フラットより傾斜がある方が好きなので個人的には嬉しい作りです。

 

打鍵感はそこそこ。打鍵音は気になる。

打鍵感は、そこそこ悪くない。というのが感想です。

ただ、打鍵感は軽いです。

 

個人的には気になるレベルではないですが、好みは分かれそうな打鍵感だと思います。

 

しかし、打鍵音がちょっと気になります。

個人的には一番の欠点かなと。

 

文字で表すと「カチャカチャ」と音が鳴るため、プラスチックのおもちゃのように感じる人もいるかもしれないです。

外出先で静かなカフェなどで頻繁に作業する方には向いていないと思います。

 

マルチペアリングには非対応。都度ペアリングが必要

最近多くのキーボードやマウスに取り入れられているマルチペアリングには非対応です。

デバイスを切り替える際には都度ペアリングが必要です。

 

まあ、ここは2000円のキーボードに求めるには酷な機能な気もします・・(笑)

 

電池の持ちが非常にいい

電池の持ちは非常にいいです。

厳密に使用時間や日数を調べたわけではないですが、半年ほど毎日の使用でも電池切れ起こしませんでした。

1つ欲を言うのであれば、電池の残量がわかると最高でした。

充電式ではなく電池式なので仕方がないとは思いますが、後どれくらい使えるかがわかるとよかったですね。

 

 

まとめ:安いのでとりあえず試してみるのはあり

本日は、Ankerのウルトラスリムキーボードを紹介しました。

一部、痒いところに手が届かない部分はありますが、価格以上の機能を備えているかと思います。

 

メインでガッツリ使うというよりは、たまに文字入力したいといったサブ的な使い方があっているのかなと。

しかし、打鍵音や安っぽさを許容出来るのであれば十分メインのキーボードとしても使えると思います。

 

Anker製品は18ヶ月保証がついているので、故障等にも安心ですね。

コストをかけずにおしゃれな外付けキーボードが欲しいという方は参考に購入してみてはいかがでしょうか。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows対応/長時間稼働 ホワイト テレワーク リモート 在宅

コメント

タイトルとURLをコピーしました