【Apple】2021年4月 Apple イベントまとめ

Tech.

こんにちは。LIfindow.(ライフィンドウ)にお越しいただきありがとうございます。

管理人のToshi(@syllyy_bbb)です。

 

日本時間4月20日深夜(4月21日午前2時)からAppleのイベントが開催されました。

例年だと3月に行われていたAppleのイベントですが、今年は3月に開催されず。

 

イベントの告知がある前に6月のWWDCの告知があり、「今年はイベントが開催されないのでは?」という噂もありましたが前例がなかった4月にイベントが開催されました。

そのイベントで発表されたものについて振り返っていきたいと思います。

 

Appleカードに家族カードが追加

日本にはほとんど関係ないですが、Appleカードが家族カードに対応しました。

もともと日本に上陸していないカードなので、あまりインパクトはないものですね

Apple Podcast のデザインが変更

PodCastのApple PodCastのデザインがリニューアルされます。

音声コンテンツは徐々に盛り上がりつつあるので、Apple Podcastが爆発的に伸ばしてくるかもしれないですね。

iPhone12/12 miniに新色登場

昨年登場したiPhone 12/12 mini  にパープルの新色が発表されました。

Proシリーズには新色の追加はありません。

非常に鮮やかな色ですが、このタイミングでの新色追加には驚きがありました。

 

こちらは4月23日から予約開始、4月30日発売。

ついに登場Air Tag

長年登場が噂されてなかなか登場しなかったAir Tagがついに登場。

Apple製品に搭載されている「探す」機能を流用することで、どこにあるかを検知することができます。

特徴として

  • スピーカー搭載で見つけるときに便利
  • 持ち主でない人が持ち運んだときにアラートがなるように設定も可能
  • 防水機能搭載
  • バッテリー寿命は1年ほど。バッテリー交換はiPhoneに通知

などが挙げられます。

など間違えて誰かが持って行ってしまっても分かかるようになっているのは大きいですね。

そして、落とし物をしてしまった際に見つけた人がiPhone使用者だった場合、連絡をとることも可能とのこと。

どのように連絡できるかは不明ですが、iPhoneの利用者が飛び抜けて多い日本では便利な機能となりそうです。

さらにiPhone 11 以降のiPhoneならば正確な場所を特定することも可能とのこと。

これが正確ならApple恐るべしですね・・・

 

価格は1個3,800円、4個セットだと12,800円。

こちらもiPhoneの新色と同様4月23日から予約開始、4月30日発売。

刻印でカスタマイズできるのはいいですが、個人的にはカラーバリエーションがもう少しあってもいいのかなと思いました。

アクセサリーも発売されています。

1,580円からラインナップされています。

エスメスコラボが4万円オーバー・・・

恐るべし。

Apple TV 4K

次に発表されたのはApple TV 4K。

A12 Bionicのチップを搭載しています。

コントローラーも刷新され、直感的な操作ができるように。

このコントローラーどこかでみたような気もしますが・・(笑)

 

またiPhoneと連携し、画質の色味を補正することが可能に。

iPhoneの色味をApple TVで味わうことが可能になります。

 

価格は32GBで21,800円、64GBで23,800円

ぼくはこちらを使ったことがないので価格帯に関してはなんとも言えないですが・・

4月30日予約開始、5月後半発売です。

M1チップ搭載iMac

ついに来ましたiMac。

M1チップを搭載、デザインも刷新して登場です。

今までも21.5インチiMacの後継モデルになります。

今回のiMacの特料として

  • 7色のカラーバリエーション
  • 筐体の変化。ベゼルが細くなり、本体の厚みも11.5mmと大幅スリム化
  • ベゼルが細くなったことにより表示領域も24インチに拡大
  • 4.5K Retinaディスプレイの搭載
  • CPU85%向上、GPU50%向上
  • カメラ、マイク、スピーカーそれぞれパワーアップ
  • 付属のMagic KeyboardにTouch ID搭載、Magic mouse、magicトラックパッドも本体カラーに合わせた色に
  • 4機のUSB-Cポート搭載、Thunderbolt端子は2機(下位機種はポート2機)
  • 電源コードは磁石でつくタイプに変更

などが挙げられます。

 

最大のインパクトはなんといってもデザインの刷新でしょう。

顎の部分のべセルは残りましたが、ベゼルがかなり細くなりスタイリッシュな見た目に。

さらにM1チップを搭載したことで基盤の小型化、冷却ファンの小型がを実現。11.5mmという薄さを実現しました。

横からみるとまるで巨大なiPad Proがついているような見た目ですね。

 

カラーバリエーションも豊富で鮮やかな色を醸し出しています。

その他についてもCPUやGPUをはじめとした性能の向上はもちろんのこと、Touch ID付きのマジックキーボードはいいですね。

個人的に早く別売りされて欲しい商品です・・

Magic MouseやMagic Trackpadも本体の色に合わせられるのは統一感があっていいですね。

ただ使い回しがしづらくなりそうな気はしますが・・

 

カメラ、スピーカー、マイクの性能向上はWEB会議が飛躍的に増えたこのコロナ禍の生活にマッチした進化だと思います。

カメラは1080pの高画質。スピーカーは6機搭載で立体感のある音を実現。マイクは雑音がある場所でも自分の声を拾えるように設計されています。

 

価格は下位機種で154,800円から、上位機種で177,800円から。

4月30日予約開始、5月後半発売です。

次世代のタブレットへ進化。iPad Pro

今回の発表で一番注目が高かったのはこのiPad Proではないでしょうか。

M1チップに相当すると言われるA14Xチップが搭載されるという噂がありましたが、なんとM1チップをiPad Proに載せてきました。

今回のiPad Proの特徴としては

  • M1チップ搭載でCPU50%向上、GPU40%向上
  • ストレージ速度倍速化
  • 最大ストレージを2TBに拡大
  • RAM強化最大16GB、8GBから
  • USB-UポートがUSB4/Thunderbolt対応で高速化、6K出力に対応
  • セルラーモデルは5G対応(日本版はミリ波は非対応)
  • WiFi6対応
  • フロントカメラがパワーアップ
  • Liquid Retina XRD ディスプレイ搭載(12.9インチのみ)

などが挙げられます。

 

やはり注目はM1チップを搭載した点。

とんでもないパフォーマンスを発揮するiPad になったと感じさせられます。

昨年のM1Macbook並の感動を世間に与える気がしてワクワクしますね。

 

RAMも現行の6GBから大幅アップ。こちらはM1チップ搭載したためではないかと推測しています。

そして噂されていたmini LEDは12.9インチにのみ搭載。

従来よりも鮮やかな色味を表現しすることが可能になり、よりリアルな

どのような変化なのか非常に気になります。

 

そして噂通り5G対応。ミリ波には対応せずSUB6のみの対応になります。

とはいえ、まだまだ5Gが拾える範囲も少ないのでここはあまり気にならないところではありますね。

 

個人的に気になるのはThunderbolt端子の搭載。

データ転送速度って、一度に大量のデータを扱うと意外と時間がかかるんですよね。

iPad Proに搭載されたThunderbolt端子でのデータ転送には個人的には興味があります。

 

データ転送速度の高速化を含め今回のiPad Proに強く感じたのは「本当のプロ仕様になったな」という点です。

フロントカメラに超広角カメラの搭載、人追跡機能などは多くの方へ恩恵がある機能かと思いますが、スペックに関してはほとんどの人にとってオーバースペックに進化したと感じました。

特にRAMなんて現行の6GBでさえフル活用できている人がどのくらいいるのか・・・笑

 

昨年登場したiPad Airが進化し、性能が向上したことでiPad Proをより写真や動画の編集などに特化したマシンへ変貌したのではない感と感じました。

とはいえ、自分もiPad Pro ユーザーなのでオーバースペックは理解しつつも気になってしまっていますが・・・(笑)

 

価格は11インチで94,800円から、12.9インチで129,800円から。

従来モデルより12.9インチは15,000ほど値上がりしています。

4月30日予約開始、5月後半発売です。

 

iPad Pro のM1搭載で旧型の価格暴落が起こるかもしれないですね。

その他

発表会で触れていた新色のiPad 用のmagic keyboardを含め、iPhone アクセサリの新色などアクセサリ類の新発売が一部されています。

こちらも気になる方はチェックしてみてください。

▽従来のもこの機会に気になっている方はチェックしてみてください。

Apple 12.9インチiPad Pro(第3世代)用 スマートキーボードフォリオ Smart Keyboard Folio MU8H2J/A 日本語JIS MU8H2JA アップル【送料無料】【KK9N0D18P】
Apple(アップル)純正 iPhone 12/iPhone 12 Pro(6.1インチ)レザーケース MagSafe対応 ブラック MHKG3FE/A

まとめ

2021年4月のAppleイベントをまとめました。

詳細については省略したところもありますが、やはり気になるのはiPad Proですね。

先述のように自分にはオーバースペックなのは分かりきっていますが、やはりRAMと転送速度はどうしても気になってしまうところですね・・笑

 

あと、残念だったのがiPad miniの発表がなかったこと。

発表があれば即決だったのですが、噂されているiPad mini 6はいつ発売されるのか・・

ぼくは大人しくiPad mini 5 をメルカリで探そうと思います・・笑

 

その他も非常に魅力的なものだったとお思います。

ぼくはモバイルデバイスユーザーなのでiMacなどデスクトップ方のPCはあまり好みませんが、自宅に据え置きでおきたい方などむしろiMacのほうがいいという方も多いでしょう。

 

気になる商品があればチェックしてみてください。

こちらの記事が参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました