【考察】新型iPad Pro 発売開始!2021年モデルのiPad Proは買いなのか?

Gadget

こんにちは。LIfindow.(ライフィンドウ)にお越しいただきありがとうございます。

管理人のToshi(@syllyy_bbb)です。

 

先日、今年に入ってずっと噂され続けてきた「新型iPad Pro」が発売されました。

外観はほとんど変わらないものの、内部のスペック面で当初の想定をはるかに超える大幅なアップデートがありました。

 

購入を検討している方にとっては「実際今回のiPad Pro ってどうなの?」と悩むところもあるかともいます。

そこで今回は、今回のiPad Proについて買いなのか?

というテーマでお話ししていきます。

 

発売から1週間ほど経ち、レビュー等も多くなってきて買うか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

今回のiPad Pro について興味がある方は参考にしてみてください。

新型iPad Pro は買うべき?

今回の新型iPad Pro について買うべき人、いらない人についてぼくなりの意見で紹介します。

 

▽ 新型iPad Pro 買うべき人

  • 大容量データを頻繁に扱うひと
  • 動画編集など重めの作業をよく行うひと

 

▽新型iPad Pro いらない人

  • 動画視聴や、ブラウジングなど日常使いに使うことを考えているひと
  • 2018以降のiPad Proを持っているひと

新型iPad Pro 買うべき人

今回のiPad Pro を買うべき人はかなり限定された人になるかなと思っています。

例えば

  • 大容量データを頻繁に扱うひと
  • 動画編集など重めの作業をよく行うひと

のような重めのデータを頻繁に行ったり、する人が買うべきiPad だと思います。

その名の通り「プロ仕様」のiPad だなと感じています。

 

このような作業を行う人にとっては最大限生かすことができるのではないかと思います。

新型iPad Pro いらない人

新型iPad Proについていらない人は「いる人に当てはまらないひとすべて」になってしまうかなと思います。

先述で「プロ仕様」になったと感じているように、今回のiPad Proは非常に性能が高いです。

なので、ほとんどの人はiPad Airや旧モデルで十分賄えると思います。

 

特に昨年発売されたiPad Air はカラーバリエーションも豊富な上に、価格以上の性能を持ち合わせているので正直ほとんどの人はiPad Air でいいのではないかと思っています。

2021年モデル iPad Pro いいところ、惜しいところ

ここからは、今回発売された新型iPad Proのいいところ、惜しいところを紹介していきます。

 

まず前提として今回、前世代からデザイン等の変化はありません。

サイズ展開は12.9インチモデルと11インチモデルの二つ、見た目の変化はほとんどありません。

その中でいい点、惜しい点について下記紹介します。

 

▽2021モデル iPad Pro いいところ

  • M1チップ搭載で動作が快適
  • 最大ストレージは2TBまで増加。RAMも進化し、より使いやすく。
  • カメラスペックが大幅進化
  • USB-C端子がThunderbolt対応で高速データ転送が可能

 

▽2021モデル iPad Pro いいところ

  • Liquid Retina XDRディスプレイが12.9インチのみ
  • セルラーモデルの5G対応がsub6のみ
  • 価格が高い

2021モデル iPad Pro いいところ

M1チップ搭載で動作が快適

M1チップの搭載は今回のiPad Pro の目玉といってもいいでしょう。

これでiPad Pro とMacが同じプロセッサを搭載する時代がやってきました。

「iPad がMacに近づいた」といってもいいのではないでしょうか。

事実、4K動画などもサクサク編集できるようです。

 

Apple製デバイスに最適化された純正プロセッサの実力は高く、Macbook Air などで実証されています。

前世代モデルと比較すると処理速度は50%、グラフィック処理は40%向上しています。

ゲームや動画編集処理といった負荷のかかる作業では、そのパフォーマンスをより発揮できるのではないでしょうか。

最大ストレージは2TBまで増加。RAMも進化し、より使いやすく。

従来モデルまでは最大ストレージ容量が1TBでしたが、今回から2TBのより大容量のモデルが追加されました。

動画編集など、容量の大きなデータを頻繁に扱う人にとっては嬉しいモデル追加になるのではないでしょうか。

 

またRAMは1TB以上のモデルは16GB、それ以外は8GBいます。

ここから見ても本当にノートPCと遜色ない性能が期待できるタブレットに進化しています。

カメラスペックが大幅進化

カメラスペックも大幅にスペックアップしています。

広角カメラ1,200万画素、超広角カメラ1,000万画素と画素数などのスペックは変更されていまいものの、iPad Air に採用された「スマートHDR 3」が利用できるようになっています。

結果、環境光の明暗差が大きな状況でも、より美しい撮影が可能になっています。

 

またインカメラの性能が大幅にアップしています。

1,200万画素の超広角カメラとセンターフレーム機能いの搭載です。

センターフレーム機能とは、これはFaceTimeやさまざまなビデオ会議アプリで、人物が動くとフレームの中心から外れないように自動で調整するほか、画面内の人物の動きに合わせて拡大や縮小する機能です。

WEB会議が多くなってきたことで使用する機会が増えているビデオ通話やビデオ会議の際にとても役立つ機能だと思います。

USB-C端子がThunderbolt対応で高速データ転送が可能

そしてUSB-CポートのThunderbolt対応。

USB-Cって同じ見た目でも規格がめちゃめちゃあるんでわかりにくいんですよね・・・

より高速のデータ通信が可能になっていまあす。

大容量モデルが追加されたことからも、より多くのデータを扱う人をターゲットにしているのかもしれないですね。

2021モデル iPad Pro おしいところ

Liquid Retina XDRディスプレイが12.9インチのみ

今回の目玉のひとつであるミニLEDを搭載したLiquid Retina XDRディスプレイ。

100万:1のコンストラクト比で繊細な色表現を実現しています。

10,000個のミニLEDで実際は黒がはっきり表現されることで、他の色もはっきりくっきり見えるものとなっています。

 

簡単に説明すると

「暗いところは暗く、明るいところはより明るく」

表現できるよになっています。

 

しかし、このLiquid Retina XDRディスプレイの搭載は12.9インチのみの搭載になっています。

11インチの方がユーザー数が多いのでここで差別化をしてほしくなかったかなと感じてしまいました。

セルラーモデルの5G対応がsub6のみ

今回からセルラーモデルの5Gに対応しました。

しかしiPhone 同様ミリ波には対応しておらず、sub6のみの対応になっています。

 

とはいえ、まだまだ日本では5G通信ができるところは多くないので次回モデル以降に期待かもしれないですね。

12.9インチは価格が高い

最後に12.9インチはミニLEDを搭載したことで価格が高くなっています。

前モデルから15,000ほど値上がりしています。

2TBモデルになると30万円弱・・

 

ほんとに「プロ仕様」なんだなという価格ですね。

11インチの値段は据え置きです。

 

▽11インチ価格表

ストレージ容量WiFiモデルWiFi + Cellularモデル
128GB94,800円112,800円
256GB106,800円124,800円
512GB130,800円148,800円
1TB178,800円196,800円
2TB226,800円244,800円

▽12.9インチ価格表

ストレージ容量WiFiモデルWiFi + Cellularモデル
128GB129,800円147,800円
256GB141,800円159,800円
512GB165,800円183,800円
1TB213,800円231,800円
2TB261,800円279,800円
created by Rinker
Apple(アップル)
¥165,800 (2022/05/26 01:35:37時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:相対的に高スペックマシン。

本日は新型iPad Proについて買いなのか?という点でお話ししました。

基本的に「これは買い!」と言える人はかなり少数派になってしまいかともいますが、買うとすれば

「12.9インチの256GB」

だと思います。

 

  • iPad Air に無い12.9インチという大画面のサイズ感
  • 目玉のLiquid Retina XDRディスプレイを体感できる
  • 128GBだと少し少ない、256GBは欲しい

という面から、「12.9インチの256GB」かなと思います。

 

とはいえ今回は、ぼくは待ちかなと思っています。

今使っているモデルが2020モデルですし、まだこのiPad を使っていきたいと思います。

 

また今回新色のMagic Keyboardも発売されているので気になっているひとはこちらもチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました