【未来が変わる?】WWDCで発表された「Universal Control」とは?

Tech.

こんにちは、会社員副業ブロガーToshi(@syllyy_bbb)です。

先日、Appleの開発者向けイベントWWDC2021が開催されました。

 

今回のWWDCの1番の注目された点は

「M1チップの次のチップを搭載したMacbook Proが発売されるか?」

でした。

しかし、残念ながら今回はハードの発表はなし。OSの発表のみでした。

 

今回のアップデートでぼくが一番興奮したのが「Universal Control」

Mac OSのアップデートですが、今後のMacとiPad の未来を予感させるようなアップデートです。

 

簡単に言うと

「Macで使ってるキーボードやマウスがiPad でも使えます」

とのこと。

iPad やMacを使っている人にとっては気になる情報かと思いますので、この後解説していきます。

神アプデ?「Universal Control」とは?

個人的に今回のWWDCで一番興奮したこのUniversal Control。

こちらについて紹介していきます。

Mac と iPad がシームレスに?

「Universal Control」は簡単に説明すると、「MacのキーボートマウスをiPad 上で操作が可能」という機能。

MacとiPadを使ったことある方なら「Sidecarとなにが違うの?」と思うかもしれません。

似ていますが、別物になります。

 

SidecarはiPad をサブディスプレイとして使う機能です。

なので、Sidecar起動時はiPad 内のアプリなどを操作することができません。あくまで「Macのサブ」としての利用になります。

 

一方で、Universal ControlはMacで使用中のキーボードやマウスをiPad OS 上で使うことができます。

iPad をそのままiPad として使うため、アプリなどはそのまま使うことができます。

Mac間の連携もUniversal Controlで連携が可能です。

iMac と MacBookなどMac製品を複数持っている人などでも便利に使えそうですね。

 

両方使いのぼくにとって、非常に熱いアップデートです。

現状Mac用のトラックパッドとiPad 用のマウスをデスク上に常備しているので、かなり便利になりそうな予感。

ドラック&ドロップでデバイスをまたいでファイルを連携可能

Universal ControlはiPad と Mac でデバイスをまたいで、ドラック&ドロップでペーストすることができます。

 

これまたとんでもないですね・・

OS間をスムーズに連携できる機能がでるとは・・

 

わざわざAirdropで送る必要すら無くなりそうな予感。

早く触ってみたい感が早くもしています。

位置把握はどうなる?

かなり楽しみなUniversal Controlですが、唯一気になる点は「iPad の位置をどうやって把握するのか?」という点です。

 

Sidecarの場合はサブディスプレイなので設定することができますが、Universal Controlはサブディスプレイではないので、どのようになるのか?

仕組みが気になりますが、リリースを待ちたいと思います。

その他Mac OS Monterey について気になる機能について触れていく

今回紹介したUniversal Controlは新Mac OS の新機能です。

そのたMac OS Montereyの新機能について気になった機能について紹介していきます。

ショートカットがMac OSでも使用可能に

OS や iPad OS で導入済みの「ショートカット」のアプリがMacでも使用可能になります。

今までもAotomator という自動化ツールはありましたが、少し使いにくいものではありました。

Apple としてはショートカットを推していきたいのだと思います。

 

この自動化ツールをうまく使うことで作業効率が格段に上昇するので、Macがより便利になると思います。

Safariのサブデザインが刷新される

Safariにもテコ入れが入り、タブ・検索バー・ツールバーが一つになりコンパクトになります。

さらにタブグループという機能が追加されます。

目的ごとにまとめてペーストできたりできるようなので、こちらは使っていきたいと思います。

Safariに拡張機能の追加

Safariに拡張機能が追加されました。

拡張機能としてはGoogle Chromeのイメージが強いですが、今後Safariの拡張機能も充実してくればGoogle ChromeではなくSafariを使う人も増えてくるではないかと思います。

iPad OS のその他機能についても簡単に触れておく

今回、iPad の融合のUniversal Controlについて紹介したので、iPad OS についても気になった機能について簡単に紹介します。

iPad OS でもホーム画面にウィジェットとAppライブラリが実装

iOS で使えるようになっていたウィジェットのホーム画面配置とAppライブラリがiPad でも使用可能になりました。

 

ホーム画面を自由にカスタマイズできますし、普段使わないアプリをAppライブラリに入れておくことで、効率的に配置することが可能です。

マルチタスキング強化。より使いやすく。

マルチタスクが使いやすくなります。

Split ViewやSlide Overを配置する時にDockにあるアプリしか設定できなかったのですが、今回ホーム画面から設定できるようになります。

 

簡単なジェスチャーは増えますが、使いこなせばより使いやすくしてくれそうです。

右下からスワイプでクイックメモ登場

画面右下からスワイプすることで簡易メモが取り出せる「クイックメモ」が追加されます。

 

ちょっとしたメモをしたい時に重宝されそうです。

このメモは純正のメモアプリに保存され、紐づくページやアプリが開いた時に呼び出すと以前のメモが表示されるなど対応されるようです。

まとめ:リリースは2021秋頃

今回はWWDC2021で発表された「Universal Control」とそれに付随して「Mac OS Monterey」、「iPad OS」について紹介しました。

 

OSの一般リリースは2021年の秋を予定しているようです。

早くUniversal Controlを使ってみたいです。

 

Universal Controlをはじめとした、各OSの結びつきを強めているように感じとれた発表会でした。

今後さらに連携が強化されて便利になると思うと、ワクワクしますね。

 

実装はまだ先ですが、今から楽しみに待ちたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました