MacBookハブの決定版!Ankerの7in1ハブ「PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブ」レビュー

Gadget

こんにちは、Toshi(@syllyy_bbb)です。

 

MacBookをを購入した際、合わせて購入したいものとして

  • 充電器
  • 持ち運び用ケース
  • USB-Cハブ

などさまざまなものがあります。

人それぞれ必要なものは異なってきますが、意外と重要なのが「USB-Cハブ」ではないでしょうか?

そんななかで今回はUSB-Cハブのお話をします。

 

ぼくはモニターに映し出したりするのでUSB-Cハブは必須中の必須アイテムです。

いままでケーブルタイプのUSB-Cハブを使っていたのですが、使用する中でこんなストレスを感じていました。

  • ケーブルが伸びてしまうため、場所をとってしまう
  • 持ち運びの際にガジェットポートに収納しづらい

しばらく使っていたのですが、もっと快適にできるものでは無いかなと思っていました。

そんな時に購入したのが、AnkerのPowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブ

タイプとしてMacBookに直挿しできるタイプのハブです。

本日はこの「PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブ」の紹介をします。

MacBook用のハブには全力でおすすめなので、ぜひチェックしてみてください。

MacBook用ハブの必要性

まず最初にUSB-Cハブの必要性についてお話しします。

個人的には「MacBookを使う人にとっては必須級のアイテム」だと思っています。

MacBookには、インターフェースがUSB-Cポートしか搭載されていないため、そのままだと拡張性が非常に低いです。

その拡張性を広げるために必要なのがUSB-Cハブ。

「MacBook1台で全部完結するし、外部接続も一切しない」という人なら必要ないかもしれないですが、USB-Cハブで拡張した方が明らかにMacBookの幅が広がります。

「MacBook全ユーザーが使うべき」

と言っても過言ではないでしょう。

PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブ 確認していく

ここからは、実際にPowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブの詳細を確認していきます。

スペック等

最初にPowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブの簡単なスペックを紹介します。

  • サイズ:約120 x 29 x 10 mm
  • 重さ:約63g
  • HDMIポート:最大4K60Hzの出力に対応
  • USB-Cポート:最大100Wの高速充電、最大40Gbpsのデータ転送、最大5Kでの映像出力に対応

簡単なスペックはこんな感じ。

非常に小型ですが、最大100Wの急速充電や、5K出力などハイスペックなハブになっています。

外観等:MacBookと親和性のあるシンプルなデザイン

今回紹介する「PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブ」

実際に紹介します。

本体と同梱物。

基本的に差して使うだけなので、説明書はそこまで重要ではありませんが、収納ケースがあるのは嬉しいですね。

こちらが本体。

アルミの削り出しのMacBookとの親和性が抜群です。

まさに「MacBook用」という感じのデザイン。

刺す際はMacBookの左右にある2つのUSB-Cポートをふさぐ形になります。

サイズ感としてはこんな感じ。

先述のように、サイズは非常に小さいです。

iPhone 12 mini と並べるとこんな感じ。

スッキリしたサイズなので、持ち運びにも便利です。

搭載されているインターフェイス:過不足ない7つで満足の一品

PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブはその名の通り7つのインターフェイスを搭載しています。

側面には7つのうち6つのポートが搭載されています。

  • USB-Aポート×2
  • USB-Cポート
  • Thunderbolt対応USB-Cポート
  • SDカードスロット
  • microSDカードスロット

側面に搭載されているポートはこちら。

USB-Cポートが二つありますが、Thunderbolt端子は片方だけなので注意が必要です。

なんだかんだUSB-Aポートは使う機会が多いので便利ですね。

そして、ハブの上部にはHDMIポート。

こちらから画面出力が可能です。

PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブ 用途

ここからはPowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブの用途をいくつか紹介します。

HDMIポートで外部ディスプレイへの出力

PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブのHDMIポートは最大4K60Hzの出力に対応しています。

4K出力ができることで、現在のPC作業環境において十分すぎるほどの性能を有しています、

また、USB-Cポート対応のディスプレイの場合は、5Kでの表示もできます。

映像編集などにも十分に使用できます

高速データ転送

PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブはUSB-Cポートは最大40Gbps、USB-Aポートは最大5Gbpsのデータ転送に対応しています。

 

外部ストレージなどデータのやりとりをスムーズに行うことができます。

急速充電

PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブは高速充電にも対応しています。

最大100Wの急速充電に対応しているので、MacBook16インチでも最大出力で充電することが可能です。

なお急速充電に対応しているのは、Thunderbolt対応のポートのみなので注意が必要です。

SDカード読み取り

PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブはSDカードリーダーとmicroSDカードリーダーを両方を保持してます。

個人的に注目しているのがmicroSDカード用のスロットが付いていること。

microSDカードを読み込む際にはSDカードへの変換アダプターを使用するのが一般的なんですが、この毎回入れたりするのが意外と面倒なんですよね・・

microSDカードスロットがあることで、変換アダプターを噛ませることなく読み込みができるのでこれが地味に便利です。

まとめ:MacBookユーザーににおすすめのハブ

本日はAnkerのハブ「PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブ」を紹介しました。

価格面もコスパが高く、MacBookとの親和性も非常に高く、満足度の高いハブです。

 

Ankerは18ヶ月の製品保証もあるので、安心して購入することができるので安心です。

すべてのMacBookユーザーにおすすめできるハブにですので、ハブを迷っている人は是非購入を検討しうてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました