About Editor.

Lifindow. 管理人Toshiについて。

初めまして、Lifindow.(ライフィンドウ) 管理人のToshiです。

ここでは、僕自身について自己紹介させていただければと思います。少々長くなりますが、最後まで読んでいっていただけると嬉しいです。

Syllyについて

僕は1993年生まれの友人との飲み会、スノーボード、野球観戦、動画鑑賞がすきな27歳。北海道生まれ横浜育ちですが、現在は東京で暮らしています。

ぼくの実家は家の前が公園で、小学校に上がる前から毎日のように公園で遊んでは怪我して帰ってくるような子供でした(笑)

小学校4年生からは地元の少年野球チームに入り、高校3年生で野球部を引退するまで野球漬けの生活をしておりました。

学生時代

中学、高校時代は本当に野球漬けの生活を送っていました。

中学時代はクラブチームだったのですが、週5回練習があるチームで自転車で片道50分かかる練習場まで通っていました・・・(笑)

今思うと本当によく通っていたなと思います(笑)

高校時代は、神奈川県内ではそれなりに上位に食い込む野球部だったので毎日夜まで練習、土日も朝から晩まで練習という生活を送っており、家に帰ってもすぐ寝てしまい、ほとんど勉強しない生活を送っていました。

1年の浪人生活を経て、上智大学へ入学

野球部を引退し、気持ちを切り替え勉強に専念したものの、それまで野球ばかりしていた人間がそう簡単に受かるはずもなく、大学受験は惨敗・・ 浪人をすることになりました。 

その後は浪人したからにはと志望校のレベルを上げ、猛勉強。結果として、現役の時には受けることすらしなかった大学の上智大学へ合格することができました。

大学時代は、友人にも恵まれ大学内外で多くの友人ができました。サークルをやったり、アルバイトをしたりとごく普通の大学生活を送っていました。

大学院へ進学、就職へ

ぼくは理系で化学系を専攻していたこともあり、漠然と「大学院に行って、メーカーの技術系とかに就職するんだろうな」と思い、何も疑いもせずに大学院へ進学しました。

ところが、実際に就職活動をしていくうちに「なんとなくの違和感」を感じるようになりました。

結局自分のやりたいことってなんだろう?とわからなくなり、いろんな世界を見ることができそうなイメージが強かった商社を志しました。そして、縁があってビジネスの本質を学ぶことができると感じた現在の会社に入社を決めました。

この就職活動で自分について考え直し、漠然とではありますが「将来は自分で何か事業をしたい」と考えるようになりました。

ビジネスマンとしての基礎を学ぶ

「商売の基礎を学びたい」と意気込んで入社しましたが、最初の配属先は商品の海外展開の支援を行う部署。

 思い描いていた部署とは大きく異なる部署で当時はショックでしたが、「やるからには全力で」と日々取り組んでいく中で、先輩方に指導いただきながら働いています。

生涯挑戦者でいたい

「生涯挑戦者」これが、過去に僕が掲げたモットーです。

しかし、ふとした時に入社してからというもの、日々の業務に追われなんの変哲もない日々を送ってしまっていることに気付きました。

そこで、このなにもない日常で何か挑戦することをしたいと感じるようになりました。

この「Lifindow.」もぼくにとって挑戦の一つです。

今後どのような媒体になるか分かりませんが、一つだけ言えることは、ここに訪れていただいた方にとって日々の生活がより良くなるコンテンツを発信していければと思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。これをご縁に今後ともLifindow.をよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました